お家ごはんで免疫力を⑤

お知らせ

お家ごはんで免疫力を⑤

皆様こんにちは。

連日テイクアウトのご予約ありがとうございます!

久々に皆様にお会いできて大変嬉しく、同時に感謝の気持ちでいっぱいです。

どうぞ今後とも喫茶と食事みどりをよろしくお願い致します。

 

さて!

「お家ごはんで免疫力を」第五回目のレシピは

鶏モモ肉の甘酒照り焼き

です。

今回は甘酒を使った照り焼きソースのご紹介です。

甘酒には2種類あり、米麹を原材料とする麹甘酒と酒粕を原材料とする酒粕甘酒があります。麹甘酒は米麹を発酵させて作るのでノンアルコールですが、酒粕甘酒は日本酒を絞った酒粕に砂糖を加えて作るのでアルコールが含まれます。

免疫力アップ効果があるのは米麹の甘酒ですので、購入時に注意してみてください。もちろん自家製の甘酒でしたらより効果が期待できます。

甘酒は米麹の酵素の働きで、甘酒に含まれるでんぷんがブドウ糖に分解された状態になっており、効率よくエネルギーが体に吸収されるので飲む点滴と呼ばれています。

小腸の善玉菌の餌となるオリゴ糖が豊富に含まれますので腸内環境を整える働きがあり、免疫力を高める効果が期待できます。

一緒に付け合せるものは緑黄色野菜がおすすめです。鶏の脂肪と一緒に摂取するとビタミンA(β‐カロテン)が体に吸収されやすくなり、

粘膜を強化し免疫を高めると言われている成分をしっかり摂ることができます。

季節の野菜は特に栄養価が高いですので、季節の青菜を一緒に調理してみてください。

※レシピ作成:cookinglabo 鈴木茜(料理研究家・管理栄養士)

 

鶏モモ肉の甘酒照り焼き

材料(2~3人分)

鶏モモ肉   1枚

漬け汁(醤油  大さじ2、甘酒 大さじ2、おろし生姜  1片分、みりん  大さじ1)

サラダ油   少々

お好みの青菜・スナップエンドウなど 適宜

ラディッシュ 1コ

 

作り方

1.       鶏モモ肉は皮に5~6か所ほど包丁の刃先で切り込みを入れる。1枚を2~3等分に切って、漬け汁に漬けて30分ほど置く。

2.       汁気を切って(漬け汁を残しておく)、弱火で皮面からじっくり焼く。※アルミ箔をのせてその上に鍋をのせると皮面がしっかりフライパンと接するのでこんがりと焼けます。両面こんがり色づくまで焼く。余分な脂をふき取り、残しておいた漬け汁を加え、とろみがつくまで煮詰める。

3.       お好みの野菜の付け合わせを用意する。青菜を茹でて食べやすい大きさにカットする。(写真ではスナップエンドウ)ラディッシュは葉を落として半分に切る。

4.       焼きあがった鶏肉を食べやすい大きさに切り、たれをかける。野菜と一緒に盛り付ける。

 

※ポイント:鶏もも肉は火が通りにくいので弱火~中火でじっくり焼くとよいでしょう。甘酒を加えると焦げやすくなるので、時々色づき具合を確認しながら焼くとよいでしょう。

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.